奨学金の利用について

奨学金の利用について 私は高校生の時に国立の大学に入学しようと3年間勉強をがんばりました。しかし、受験が上手くいかずに国立の大学には合格しませんでした。すぐに私立の4年制の大学に入学したのですが、医療系の大学で学費が高くて4年間で900万円ほどかかる様な事を言われました。私は両親にその事を相談して、両親からは了承を得たのですが、私の家はそれほど裕福では無くて、私の兄も東京の私立の大学に当時通っていたために、学費や仕送りで大変だったことは身にしみてわかっていたために、私はアルバイトをして少しでも学費を稼ごうと考えて入学しました。入学後すぐに大学の食堂に張り出されていた奨学金の制度の申し込みの用紙をみて、私はすぐに両親に相談して申し込みをしました。

両親は仕事をもう一つ増やすから借りなくてもよいと言ってくれていたのですが、親に無理をさせてまで大学に通うのは申し訳ないと感じていたために、奨学金を希望しました。無事に審査に通り私は4年間奨学金の制度を受ける事が出来卒業できました。利息はとても安くて、社会人になり働いてから毎月決められた額を少しずつ返していって去年やっと返済が終わりました。長かったですが、自分で大学の学費を払ったとおもうと少し誇らしく思え自信につながっています。

お勧めのサイト