奨学金と教育ローンとどう違う?

奨学金の利用について 奨学金も教育ローンも主に大学進学時に、多くのお金が要るということで使われるものです。違いをご存知でしょうか?奨学金とは学生本人を対象に付与されるお金のことで、給付型と貸与型があります。平たく言うと返さなくていいお金と将来返さなくてはいけないお金があるということです。一般的に月々数万円です。給付型の方が当然条件が厳しく、成績優秀者、経済的に困窮している、必ずある期間は新聞配達として働く等いろいろな場合があります。またいわゆる特待といって、授業料免除というケースもありますが、これは更に条件が厳しく、トップアスリート、成績優秀者等ほんの一握りの人しかもらえません。それに比べると貸与型は条件も緩やかですが、金利が付いていますので、基本的には借金です。

教育ローンは、保護者が金融機関にする借金です。学費だけでなく下宿代、教材費等も網羅できる場合が多く、一年に数十万〜数百万という大きなお金を借りることになります。国が貸してくれるものや郵便局のもありますが、金利が低い分、審査が厳しく時間がかかります。民間金融機関の場合、大学と提携していたり、給与振込で金利優遇等有利なこともあるので、シミュレーションしてもらうといいでしょう。返すのも、4年間は金利だけを返し、その後元金と金利ともに返すというパターンも選べるようです。

どちらにしても負担が大きいものです。借りる時は慎重に条件等を見比べ、家計の負担をいかに分散するをポイントに選択するといいと思います。

お勧めのサイト